眠くなるのは脳内タンパク質のリン酸化が原因

筑波大の研究で眠気をもたらすタンパク質を特定。

眠気の仕組み一部解明=脳内たんぱく群を特定―筑波大

マウスの実験で睡眠を中断させて脳内のタンパク質の変化を調べた所
80種類のタンパク質でリン酸化が起きていたそうです。
うち69種がシナプス結合に関与しているタンパク質。
リン酸化は覚醒時間が長いほど進行していたとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください