目を上下に動かす体操は網膜剥離の原因になる

疲れ目に効くとされる「目を上下に動かす体操」は網膜剥離の原因になってるようです。
今の眼科には、この体操のせいで網膜剥離となった人が来るんだとか。

プロからみると、目の健康法はウソだらけだ

目を激しく動かして硝子体線維が揺れると、線維が引っ張っている網膜がより強く引っ張られます。この力が網膜周辺部に網膜の裂け目を作るのです。さらに、目の運動を続けることで、その線維の断端(切り口)にある網膜の小さな裂孔(亀裂や穴)が引っ張られ、より大きく裂けます。そしてその裂け目から目の中の水が網膜下に入り、網膜剥離が起きるのです。中年以降の方は硝子体が収縮して水と入れ替わっているので、特に硝子体線維が揺れやすいのです。

大手の製薬会社すら目の体操を勧めているけど、
この記事は眼科とは関係ないフィットネス協会会長が文責。
目のストレッチの方法

眼科で目の体操を勧めている人は検索では見つからないですね。
これが目の体操の是非の答えでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください