点鼻薬でギャンブル依存症を治療

ドーパミン生成を抑制する物質を点鼻するそうです。

ギャンブル依存症、スプレー式点鼻薬で治療 フィンランドで実験開始へ

  • フィンランドの国立健康福祉センターが実験を行う。
  • 130人のボランティアが対象。
  • 点鼻薬と偽薬を使う。
  • 点鼻薬にはドーパミンの生成を抑制する物質が入っている。
  • 実験期間は3ヶ月。
  • 従来は錠剤を使っていたが、吸収されるまで1時間かかっていた。
  • 点鼻式は数分で脳に到達する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。