座りすぎは脳の記憶野を不可逆に損傷

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究で
座りすぎている人は脳の皮質が薄くなっていたそうです。

「座りすぎ」は脳にも悪影響、運動でも相殺できない可能性

研究では45~75歳の男女を調査。
着座時間の長さを聞き取り、運動習慣を強中弱に分けて、内側側頭葉の厚みをMRIで測定。
その結果、運動強度と側頭葉との厚みに相関関係はなかったようです。

と言っても、リンク先の記事の内容では着座時間との相関関係は不明なまま。
原論文にどう書かれているかはわかりません。

アルツハイマー病の13%は非活動的な生活習慣が原因とされているそうです。
着座時間を25%減らしても、アルツハイマー病が25%程度減るだけとの試算もあるようです。
つまり、座りすぎると脳に不可逆な損傷が起きるんでしょう。

ただ、神経の再生の抑制、炎症の発生、脳の可塑性の低下は運動により促進されるそうです。
だったらむしろ座ってた方が(運動しない方が)健康に良いんじゃないですかね。
元記事はどうも意味がわからない……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。