兄を持つ男性はゲイになりやすい

男の兄弟が多いとホモセクシャルになりやすいという研究結果が出ました。

Male homosexuality and maternal immune responsivity to the Y-linked protein NLGN4Y

カナダのブロック大学の研究で、18~80歳の142人の女性と12人の男性の遺伝子を分析。
NLGN4Yという抗体を持つ女性ほど、ゲイの子供を持っているとわかったそうです。

NLGN4Yは女性が男子の出産時にY染色体を持つ胎児を異物とみなす免疫系が分泌します。
この抗体が体内に多く存在する状態で次の出産で男子を産むと、
胎児の脳にNLGN4Yが入り込んで性的指向を変えると、研究者は推測しています。

よって、兄がいる男性はそうでない男性よりもゲイになりやすいと。

この研究者は元々、年上の兄を持つ男性にゲイが多い事と、
ゲイのDNAが変異していることが突き止めています。
DNAの変異がNLGN4Yによるものかは解説されてないのですが、関係してそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください