偽のバス停で認知症老人の徘徊を阻止

ドイツの「Benrath Senior Center in Düsseldorf」という老人養護施設では
勝手に帰宅しようとする認知症老人の為に
偽のバス停を用意しているそうです。

偽のバス停で「帰れる」と錯覚。認知症患者の行方不明を防止する

この偽のバス停で待つよう教えると、
老人は大人しくバス停で待つんですが、
その内に「なぜバス停で待ってるか」理由を忘れてしまうとのこと。

従来はバス停を探して彷徨い、
遠方の警察に保護されるという事があったそうです。
しかし偽のバス停を設置してからは、
そのような徘徊はなくなったとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください