人口毛包の大量合成でハゲを根治できるかも

理化学研究所が「毛包」と呼ばれる毛生え器官の合成に成功。
今後は動物実験を行うそうです。

毛髪の“もと” 大量に作る技術

毛包とは毛穴を含めた毛が生える器官全体のこと。

理化学研究所は20日間で髪の毛1万本に相当する5000個の毛包を作る方法を開発。

早ければ再来年にでも実用化されるようです。

色んな育毛剤やら毛生え薬が開発されてますが、この技術が決定版じゃないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください