ビワの種にはシアン化合物が入っているので危険

ビワを含むバラ科の植物の種にはシアン化合物(アミグダリンやプルナシン)が含まれています。
シアン化合物は毒物で、ごく少量で死にます。

シアン化合物を含むのはビワ以外にもアンズ、ウメ、モモ、スモモ、サクランボです。

ただし熟した種にはシアン化合物は含まれません。
未成熟な果実の種が危険な訳です。

最近、健康に良いとのことでビワの種の粉末が売れていますが、
粉末なので、熟した種に由来するのか、未成熟な種なのかわかりません。
未成熟な種を粉末にしたのなら、小さじ1杯程度で死にます。

健康に良いとされるアミグダリンも本当に体に良いのか不明です。
少なくとも科学的な証拠は見つかっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。