パスタは食べても太りにくい糖質だった

カナダのセント・マイケルズ病院の研究でパスタは太りにくいと判明。
むしろ減量にも効果的だった。

「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

パスタはGI指数が低い食品。
GI(グリセミック)指数とは、血糖値の上がりやすさの事。

研究チームは2500名の被験者に計32回のパスタだけを食べる実験を行ったそうです。
結果は、全員が太りもせず、3ヶ月の期間中に逆に0.5kg減量になった人もいました。

ただしこれは、GI指数が低い食事をしていたとのこと。
つまりパスタのみならず、他の食材もGI指数が低かったようです。
なのでパスタが要因とは言えないはず。

とは言え、パスタに余分な油や砂糖を足すのはダメと戒めています。
パスタそのものは太ると思われてましたが、調味成分が原因だったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください