ゾフルーザとは何か

インフル新薬「ゾフルーザ」とは、
2018年3月14日に発売開始となった新しいインフルエンザ治療薬。

1回飲むだけでインフルエンザが治るという触れ込みで、
「先駆け審査指定制度」として去年10月に申請が為され、5ヶ月経過して承認。

従来のインフルエンザ治療薬はウィルスが侵入した細胞から出られないようにする効果があったようです。
一方、ゾフルーザはウィルスが増殖できないようにする効果があるとのこと。

細胞から出られないようにすると言っても、
その細胞が死ねば細胞膜が破れる訳で、
インフルエンザの進行を遅らせる効果しかないんでしょうね。

ゾフルーザは増殖そのものを抑えるので、治るのが早いと。

従来の治療薬であるタミフルは5日間飲む必要があり、
金額は2830円(5日分)に対して、ゾフルーザは4780円(1日分)。
1.5倍ほど高いけど、1日で治るならトータルでは得ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.