ギランバレー症候群は完治するかもしれない

ギランバレー症候群を完治させる治療法が臨床治験で成果が確認されました。

「ギラン・バレー症候群」完治に光 千葉大病院が臨床治験で成果

ギランバレー症候群とは四肢が麻痺する病気。
患者の内5%は死に、20%は後遺症が残ります。

ギランバレー症候群の治療法とは血栓の予防や溶血を抑える薬「エクリズマブ」と血液溶剤「免疫グロブリン」を併用すること。

千葉大医学部付属病院の研究チームが32~74歳の男女の患者34人を調査。
免疫グロブリン単独投与グループと、エクリズマブ併用グループとを比較。

免疫グロブリン単独投与グループで歩けるまでに回復したのは72%。
エクリズマブ併用グループでは92%が歩けるまでに回復。
走れるまでに回復したのは単独投与では18%に対して、併用では74%。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください