キャノーラ油は認知症リスクが高くなる危険な油

キャノーラ油とは、西洋アブラナから採取した植物油。
サラダ油と同じ仲間ですが、原材料が異なります。

またサラダ油は「玉締めしぼり」というゆっくり加圧する方式で採油。
キャノーラ油は「ノルマルヘキサン抽出法」という石油由来の溶剤で溶かして効率を上げています。
そのせいで、トランス脂肪酸がたくさん発生しています。

キャノーラ油を常食していると認知症リスクが増大するそうです。

キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

アメリカのテンプル大学の研究で、
アルツハイマー症のマウスにキャノーラ油を与えたところ、
記憶力や判断力が低下したとのこと。

もちろん元がアルツハイマーなので本当にキャノーラ油の影響なのかはわかりません。
でも対照群を当然用意しただろうから、信憑性は高いかと。

アルツハイマーの原因物質はアミロイドβ42とされています。
これが脳細胞を攻撃する事から守るのがアミロイドβ1-40。
キャノーラ油を与えたマウスではアミロイドβ1-40が減っていたそうです。

研究者はキャノーラ油は使わず、オリーブオイルやアボガドオイル、
ひまわりオイル、グレープシードオイルなどを使うよう勧めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。