ウコンに認知症改善効果があった

正確にはウコン抽出物のクルクミンに認知症改善の効果があったと判明。

カリフォルニア大学ロスアンゼルス校の認知症の研究で、
クルクミンサプリの抗炎症作用や抗酸化作用と認知症との関係を調査。

ちなみに、認知症は脳の炎症を抑えるアミロイドβの蓄積が原因とされています。
アミロイドβは炎症が引き金で生まれる物質です。
アルツハイマー病の原因はアミロイドβ

調査方法は、51~83歳の40名の被験者にクルクミンサプリと偽薬を支給。
これは医師側も偽薬かどうか知らない「ダブルブラインド」テストだったそうです。

試験は1年半にわたり、半年ごとに認知テストを実施。
クルクミンサプリ服用者の28%に記憶量や注意力改善が見られました。

一方、クルクミン服用者4名と偽薬2名に腹痛や吐き気の症状が発生。
とはいえ、偽薬の方にも症状が出てる以上は、クルクミンとは無関係かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください