とある腸内細菌が少ないと心不全を起こしやすい

ノルウェーのオスロ大学の研究によると
心不全を起こしやすい人はそうでない人よりも特定の腸内細菌が少なかったと判明。

Gut bacteria flora linked to chronic heart failure

心不全を起こしやすい人は15種の腸内細菌が少ないそうです。
それらに共通するのが酢酸化合物を生成する事。

酢酸化合物は炎症を抑える効果があるそうです。
腸内の炎症も酢酸化合物により抑えられているとのこと。

酢酸化合物が腸から吸収され、血液の流れで心臓に運ばれ、心臓の炎症を抑える働きがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください