Googleが検索結果の操作でインド政府から23億円の罰金

インド政府がGoogleに対して
「検索結果に表示される航路からインドの旅行サイトが不自然に排除されている」
という理由で23億円もの罰金を課すと決定。

Googleが「検索結果にバイアスがある」としてインドで23億円の罰金を科される

地名の検索では自動的にそこに行くための航路が表示されます。
その航路表示がユーザーの選択権を奪っている事も罰金の理由だそうです。

インドの検索結果のサンプルと翻訳が欲しいところですが
さすがにインド政府が嘘の理由で罰金を課すとも思えないですね。

インド人が理由する検索結果からインドの旅行サイトが排除されているのは
正当なアルゴリズムの結果かも知れません。

最近、医療健康アップデートがあり、
「権威」あるサイトじゃないと上位表示されなくなってます。

それと同様にインドの旅行サイトも「権威」とみなされたものが上位表示され、
他の権威でないサイトは圏外に落ちることは十分にありうると思います。
だって、罰金を払ったりするよりも、そのようなアップデートをした方がマシなので。
所詮、Googleはただの営利企業ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください