Chromeは2018年5月から有料広告ブロックを開始

Google Chromeは2018年5月から「有料で広告をブロックするシステム」を提供するそうです。
このシステムは2017年6月からβテストが行われていました。

Helping publishers recover lost revenue from ad blocking

広告をブロックしたユーザーは代わりに金を払い、その収益を広告主に分配するとのこと。

Chromeで広告ブロックしているサイトにアクセスすると、画像のようなメッセージが表示されるそうです。
Chromeは2018年5月から有料広告ブロックを開始
ユーザーは広告ブロックを解除するか、グーグルに金を払う事でウザいメッセージを停止できるようです。

広告ブロックのパターンは3種類あります。

1つは単にメッセージを表示するだけ。
1つは月の閲覧回数をカウントし、一定以上はページを表示させない。
1つは広告ブロックを解除しないと、一切ページを表示できない。

有料広告ブロックは1ページ当たり2セント。
グーグルの手数料を引いて、残りはサイト運営者に支払われるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください