グーグルは政府の支援を受けたクラッキングを見分けている

グーグルは政府の支援を受けたクラッキングを見分けているようです。
グーグルは政府の支援を受けたクラッキングを見分けている

gmailを開こうとしたら、「政府の支援を受けた攻撃者がパスワードを盗もうとしている可能性があります」という警告文いつも現れます。
その“政府”はどこなのか、わかっています。
このような状況は全gmailユーザーのうち0.1%未満にしか発生しないそうです。https://twitter.com/etman09/status/981144642728046592

調べたら2012年6月から実施していたようです。
「政府からハッキングされている人」にGoogleが警告

Security warnings for suspected state-sponsored attacks

判断方法は秘密。
AIがやってるのかなと思ったけど、2012年ならまだディープマインド買収前ですね。
人が手作業でやってんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。