グーグルが収拾している個人情報

グーグルは以下の個人情報を勝手に収拾しています。

グーグルタイムラインは、スマートフォンを開くたびに居場所を記録しています。
タイムラインを見ると、自分の居場所の履歴が見れます。
グーグルのアプリをインストールしていないなら、無関係。
グーグルタイムラインはグーグルアカウントの「個人情報とプライバシー」→「アクティビティ管理」→「ロケーション履歴」で停止できます。

マイアクティビティは、あらゆるデバイスで行った検索履歴を保存しています。
手動で削除可能ですが、かなり手間がかかります。
また、本当にデータベースから削除されているのか、保証がありません。

広告の利便性を高めると称して、年齢や性別、住所、趣味趣向、推定年収などを保存しています。
「広告のカスタマイズ」を停止すると個人情報収集を停止できますが、データ削除が本当か保証はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください