おすすめカーボンヒーターとその使用感

私は冷え性で足が冷えるので、
電気ストーブを机の下に置いて足下を温めてました。
旧い型の電気ストーブで、日立のVH-106RTという機種。
「弱」でも350Wの消費電力があります。
その為、1ヶ月の電気代は5000~6000円でした。

弱で200W程度でも十分温かいだろうし、
200Wなら350Wの4/7の電気代になるはずと考えました。

そこで、200Wと400Wの切り替えができる「APIX 2ウェイカーボンヒーター」を購入。
選んだ理由は安かったからです。
あと「縦置きと横置きを使い分け」できるのも良さそうだったから。
Amazonのレビューで、そこそこ好評だったのも。
「シーズヒーター」の方がより遠赤外線を放射するようですが
シーズヒーターは高額なので、次善としてカーボンヒーターを選びました。

カーボンヒーターって発熱量が多いので
同じワット数ならカーボンヒーターの方が温かいはずですが、
使用感としては、縦置きだと足下~膝まで温かい。
横置きだとなぜか温かさを感じない。
縦置きで膝まで温かくなるのはわかるけど、
横置きで温まらない理由はわかりません。
発熱量自体が低くなってるように感じます。

なので、APIXのACH-665-WHを使うなら、縦置きでの使用をオススメします。

ただし縦置きでも温まるには5~10分くらい時間がかかります。
やはり350Wと200Wでは温まる早さも遅くなるのは仕方ないでしょう。

あと赤外線が届く範囲が狭かった。
前方30度~45度くらいじゃないでしょうか……。

消費電力が350Wに機種の4/7なので、電気代も3000円強に抑えられます。
11月~2月まで4ヶ月ほど使いました。
毎月2000円~3000円の節電となり、
トータルでは8000円~12000円の節電。
購入費はAmazonのプライムのタイムセールスで30%引き、3636円でした。
よって、2ヶ月くらいで元は取れてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。