子どもの宿題は無意味だった

アメリカのデューク大学の研究で、小学生の宿題は無意味で有害とわかったそうです。

Homework is wrecking our kids: The research is clear, let’s ban elementary homework

研究方法は1989年と2006年の200件の研究を調査。
その結果、小学生に宿題を出しても成績の向上には寄与しないとわかったとのこと。

高校生くらいになると有益だけど、それでも1日2時間が限度。
これ以上は有害のようです。

小学生にとって宿題が有害なのは、それが勉強への敵意を醸成するから。
研究者は学ぶことを好きになるのが小学校の課題だと主張しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください