Terapad プラグインで拡張できるテキストアプリ

テキスト編集アプリを古くはエディタと呼んでたらしい。
そのエディタの中で定評があるのが「Terapad」。
私はアフィリを始めた時に、Terapadを教えて貰った。

Terapad

メモ帳との違いは「拡張機能」をインストールできること。

ほかにも

「行番号の表示」(それも「論理行」で表示可能)
「罫線の表示」
「行あたりの文字数を固定できる」
「文字コードを指定してテキストを開く」
「テキスト保存の際に改行コードを指定できる」
「文字色の指定」
「特定の文字を色分け」
「URLをクリックするとブラウザで開く」
「起動時の位置とサイズを固定できる」

など、便利な機能満載。

アフィリ向けってのは、改行コードの指定と保存する際の文字コードの固定が重要。

FTPでファイルをアップロードする際に、
UTF8で改行コードをCR+LFにしないと、
Wordpressが誤作動したり、
そのファイルをエラー判定してしまう事があるのが理由。

それとプラグインとして「文字数カウント」機能。

自作 TeraPad 用ツール内の「WideStrCounter Ver.0.07」。

アフィリでは記事の文字数が1000文字はあった方がいいとされてるので、
文字数カウント機能で文字数をカウントできると便利。
ただし、これはテキストファイルに下書きを書いてから、
Wordpressで投稿する方法を執ってるからで、
Wordpressで直接各場合には当てはまりません。

プラグインを有効化するには、上記作者サイトからWideStrCounter Ver.0.07をダウンロード。
lzhファイルを任意のフォルダを作って解凍。
解凍したファイル群をTerapadのフォルダに移動。
「ツール」→「ツールの設定」→「追加」を開きます。
Terapadツールの設定
「名前」は任意の名前をつけます。
「実行ファイル」は右端のボタンをクリックして「WSC.exe」を指定。
「コマンドラインパラメータ」に「/z /h /t /m」を入力。
あとは「OK」をクリック。

使い方は、文字数をカウントしたいテキストをマウスで範囲指定し、
「ツール」→「任意の名前」のプラグインをクリックすると、
自動的に文字数カウントが為されて、ポップアップが出ます。
Terapad文字数カウント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。