GIMP 矢印プラグイン Draw arrow

矢印を手軽に挿入できる画像加工アプリを探して、GIMPのDraw arrowを見つけた。

使用感は言う程手軽ではなかったけど、これ以外のはもっと面倒なので妥協。

公式からプラグインをダウンロード。

Draw arrow

GIMPの編集→設定→フォルダー→スクリプトを開いて、
左橋の白い書類アイコンをクリックし、その右のフォームのフォルダアイコンをクリックしてarrow.scmが入ってるフォルダを指定。
フィルター→Script-Fu→スクリプトを再読込をするとプラグインが有効化され、
ツール→矢印というメニューが追加されます。

使い方はパスをクリックして、パスを設置。
ツール→矢印をメニューから選ぶと矢印の設定画面がポップ。
GIMP 矢印プラグイン Draw arrow

後はOKをクリックすると、パスが矢印になる。

設定内容は以下の通り。

Length of wings (LoW = AL/X)
矢印の頭の幅。

Angle between arrow and wing in degree
矢印本体と頭の角度。

Fill head of arrow?
矢印の頭と本体の間を塗りつぶす。

Percentage size of notch of arrow head
矢印の頭と本体の間を塗りつぶす際の割合。
100だと角度をつけずに塗りつぶす。

Brush Thickness (BS = AL/X)

Use first path point as arrow head?
最初にポイントしたパスを矢印の頭にする。
チェックを外すと最後にポイントしたパスを頭にする。

Delete path after arrow was drawn?
矢印の描画後にパスを削除する。

Use new layer for arrow?
新しいレイヤーに矢印を追加。

Draw double headed arrow?
両端に頭がある矢印を使う。

Positive values stand for absolute pixel size.
Negative vor values relative to arrow length.
チェックを入れると上記の数値がピクセル値となる。
外すと上記の数値が矢印本体との相対値となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください