警察庁がダークウェブを本格調査

日本の警察庁がダークウェブの本格調査を行うそうです。
ただ、警察庁のHPを見ても特に告知など、ないですね。

仮想通貨”ダークコイン”で決済、警察庁が初の本格調査へ! 武器、殺人請負、内部情報などが売買される「ダークウェブ」の世界

ダークウェブとは普通の手段ではアクセス出来ないウェブサイト群のこと。
ダークウェブでは違法なビジネスの取り引きが行われているそうです。

日本国内でも覚醒剤とかパスポートの売買や、殺人請負、
マネーロンダリングを持ちかける書き込みがあるんだとか。
企業の持つ個人情報が流出する先もまたダークウェブ。
ダークウェブでは個人情報が1件1ドルで取り引きされているとのこと。

日本の警察ではダークウェブのことはお手上げで
海外の調査機関に調査を依頼しないとわからないという状態だそうです。

そんなレベルで実態調査なんてできるんですかね……。
何年か前に起きた「PC遠隔操作事件」で何人か冤罪を生んだほどだし……。

ところで、ダークウェブでは仮想通貨が決済手段として使われているそうです。
なので、将来的には仮想通貨自体が違法になるんじゃないですかね。
未来の通貨のように言われてますが、
イケハヤやホリエモンなんかが推奨してる時点で胡散臭いと思ってました。

日本では既に「反社」とみなされると銀行口座などを作れなくなるので
そういう人物が仮想通貨に活路を見出すのは道理だろうし。

所詮は表に出せない犯罪用通貨ってところに落ち着きそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。