格安プリンタPixus IP2700の突然死について

4年前から使っていたキャノンのPixus IP2700が突然死。
わずか数分前まで普通に印刷してたのに、急に電源が入らなくなるという現象。
電源ケーブル差し直しも無駄。

検索すると、プリンターの突然死は珍しくないようです。

印刷の際に高熱が発生し、内部の基板が焼け付くそうで。
ゲーム機が突然死ぬのと似てますね。

電源ケーブルを挿しただけで、ICチップが高温になるようです。
たしかに最近、電源ケーブルを挿しっぱなしだったので、
高温状態が続いたのが突然死の原因の可能性が高い……。
使用毎にキチンと電源ケーブルを抜いていれば、故障しなかったんでしょうね。

まあ4年前に3700円ほどで購入した格安プリンターだったので、4年持ったのはまずまず。

新しいプリンターを探してみたけど、格安品は見つからない……。

同じIP2700はAmazonでは取り扱いしておらず、
マーケットプレイスの出品のみ。

プライム会員なのでAmazon発送だと送料無料となる「FBA」品を注文。
一応コンディションは「ほぼ新品」。
まあコンディションなんて出品者の主観で決まるんですが……。

懸念材料は最近流行したマーケットプレイス詐欺だけど、
過去の評価やAmazonが商品を受け取って保管してるFBAなので、詐欺は無いでしょう。
Amazonで格安出品を偽装した個人情報窃盗用アカウントに注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください