ロシア人ハッカーがカスペルスキーを利用して機密情報を盗んでいた

ロシア人ハッカーが米国家安全保障局(NSA)の機密情報を盗んだ件で
カスペルスキーを利用して盗んだと判明したようです。

ロシアのハッカー、カスペルスキー製ソフトで米NSAの機密情報窃取

ハッキングがあったのは2015年で、昨年になって発覚した。WSJによると、請負業者の社員がNSAの機密情報の入ったデータファイルを自宅に持ち帰り、カスペルスキー製ソフトウェアを搭載した自分のコンピューターに移したとみられている。

 WSJは匿名の関係筋の話として、ロシアのハッカーはカスペルスキー製ソフトウェアのプログラムを使って機密情報の入ったデータファイルを特定した後、この社員に狙いを定めたとみられると伝えている。

ハッキングは2015年に発生。
発覚は2016年とのこと。

従来からカスペルスキーとロシアの諜報機関との繋がりは疑われていました。

aspersky Lab Has Been Working With Russian Intelligence

カスペルスキーはロシアの諜報機関と連携している

そもそも創設者のユージン・カスペルスキーは元KGB。

なので、諜報機関と繋がりがないはずがないんです。

私はその辺が胡散臭く、カスペルスキーがいくらウイルス発見率が高くて優秀でも使う気にはなれませんでした。
むしろ、自分らでウイルスを作っているからこそ発見率が高いという噂もあるほどなので。









このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。