ユーザーを騙すダークパターンとは何か

ダークパターンとはウェブサイトでユーザーが退会しにくいよう手続きを複雑化したり
アカウント削除フォームをわかりづらい場所に設置するパターンの事。

WHAT ARE DARK PATTERNS?

  • 例えばXboxLiveでは入会はウェブで簡単に手続きできるのに、退会はわざわざマイクロソフトに電話しないといけないのです。
  • SNSなどで、個人情報収集に同意させるボタンの配色でユーザーを錯覚させるのもダークパターン。

    例えば、個人情報の設定を「始めるボタン」は青いボタンにして、
    具体的な項目について「同意するボタン」も同じ青いボタンにすると、
    ユーザーは思わず青いボタンをクリックしてしまいます。

    アカウント作成時の個人情報の設定を省略してマイページに進むボタンを青いボタンにするのもダークパターン。
    設定の初期値は「同意する」になってるので、設定を面倒だと思う人は次へ進んでしまいます。

  • 個人情報収集の利点のみを説明し、リスクは説明しないのもダークパターン。
  • 動画の再生ボタンを偽装して「いいね」を押させたり、アフィリエイトリンクをクリックさせるのもダークパターン。
  • サイト内に記事が開くリンクと広告が開くリンクを区別できないようなデザインにするのもダークパターン。
  • 無料でサービスを提供する代わりに個人情報を入力させるのもダークパターン。
    スマホの無料アプリで電話帳データを送信させるのも同じ。
  • 格安商品の支払いの確定時に高額な手数料を提示するのもダークパターン。
    またユーザーがショッピングカートに商品を入れると、自動的にオプションサービスもカートに入ってしまうのもダークパターンです。
  • 無料期間が終了すると自動的に継続課金となるのもダークパターン。

これらのダークパターンはユーロでは2014年に禁止されています。
Some Dark Patterns now illegal in UK – interview with Heather Burns
日本では未だに野放しのままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください