米金融界ではブロックチェーンシステムの開発中止が相次いでいる

米金融界ではブロックチェーンの取り引きシステム開発の中止が相次いでいるようです。

中止したのは、
デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング・コーポレーション(DTCC)
BNPパリバ
SIXグループ
とのこと。

焦点:ブロックチェーン計画、米金融界で「夢と現実の差」露呈

中止理由は、既存技術に比べてコストがかかりすぎること。
また業界の準備不足もネックとなっているようです。

ブロックチェーン仮想通貨っておおまかにしか知らないけど、以下のように理解しています。

  • ブロックチェーン技術を使って、仮想通貨ネットワーク内で取引履歴を同期する。
  • 同期は通貨ごとに行われ、1つ1つのコインが履歴を持っている。
  • 仮想通貨ネットワークで取引が発生すると、
    そのネットワークに存在する全てのコインの履歴が同期される。
  • あるコインの取引履歴がネットワーク内の多数派の取引履歴と不整合だと、不正なコインとなって利用できなくなる。
  • なので、仮想通貨を入れたコンピュータを常にインターネットに接続する必要がある。

ネット接続が常時必要って、長い目で見るとそりゃあコストがかかるでしょうね。
あと、個人レベルでなら取引量も大した事ないだろうけど、
金融界での取引量って日夜ものスゴイ量が発生してるんじゃないですかね。
それら膨大な取引を処理するコンピュータが必要で、
その為の新しいシステム構築にもお金がかかるでしょうね。
それと、ハッシュ関数を使えば履歴改竄も防げるんじゃないですかね。
ハッシュ関数を利用する場合は、別にネット接続が常時必要ではないので、低コスト。
既存のシステムでも全然問題なく対応できるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください