日本の政府は国債を国民の財産でチャラにするつもり

日本の国債や借入金などは1000兆円もの額に登るそうです。

1秒で132万円増えるという予測値ですが、
財政赤字カウンターでは1400兆円になってます。
リアルタイム財政赤字カウンター 15

ただし国債を買ってるのは主に日本人なので
借金は実質的には家庭内で金の貸し借りをやってるだけど嘯いている人もいます。

麻生太郎氏による「日本の借金」の解説が超わかりやすい 「経済をわかってない奴が煽っているだけ」

どういう理屈であれ、国債を償還できず、借入金を返せないならお金は戻って来ないって事です。
財政破綻となったら、国に貸し付けている1000兆円が戻らなくなります。
国民の財産は1800兆円とされていますが、
そのうち、国債や借入金が1000兆円として800兆円残りはします。
でも国債を買ってる人は、国債がただの紙切れとなり、
貸した金が戻らなくても「家庭内で貸し借りをやってるもの」と言われて、それで納得なんですかね?
国債を買ってるのは自国民なので、
金を返さなくても良いと言ってるのと同じ暴論かと。

国債を民間の株式に置き換えたらおかしな理屈でしょ。
株式会社と投資家は家庭内で貸し借りをやってるようなものと。
なので、経営破綻説はおかしいと言われたら、屁理屈としか言いようがない。

それに、国民の財産とは時価評価が為される不動産や株式などを含めた額。
内訳がどのくらいかは知りませんが、
不動産などの時価評価が為される財産は、
日本の財政破綻で価値が下落するはずです。

なので1800兆円の財産というのは、虚像幻想と見るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください