基礎控除48万円はいつから施行される

基礎控除が38万円から48万円に増額となるのは、2020年から。

更に従来は所得の大小を問わずに基礎控除が適用されていたのですが
2020年からは年収2400万~2450万では控除額が32万円
2450万~2500万では16万円に減額となります。
2400万円という半端な基準が謎ですね。

これだけだと税収が減るので、何と給与所得控除が減額となります。
従来は、低所得層だと最低でも65万円~年収1000万円以上で220万円の控除でしたが
改正後は、低所得層で55万円~年収800万円以上で190万円の控除となります。

  • 年収162.5万以下の低所得層は基礎控除が10万増えて
    65万から55万へと給与所得控除が10万減ってるので、差し引きゼロです。
  • 年収800万円だと、基礎控除が10万増えますが、
    200万だった給与所得控除が190万になり、10万減るので、差し引きゼロ

800万~2400万までの人だと190万が頭打ちになるので、
最大で220万だったのが190万へと30万減額となり、
差し引きは20万円の増税となります。

800万円以上の所得がある人は全体の20%ほど。
所得の分布状況2016
平成28年 国民生活基礎調査の概況では18.6%が年収800万円以上
この上位20%弱の層では増税で、この層への増税が本旨なんでしょうね。
これ以下の層では、基礎控除と給与所得控除の変更は、実質的にはほぼ変化無しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください