雑学まとめブログ

雑学まとめブログです。ジャンルは何でもありです。管理人が興味を持って調べたことを書いている雑記ブログです。間違いの無いよう調べていますが、正確な知識かは保証しかねます。なので当サイトの記事を鵜呑みにしないようお願いします。人名や団体名などは敬称略です。

経済やビジネス

基礎控除48万円はいつから施行される

投稿日:2018年2月12日 更新日:

基礎控除が38万円から48万円に増額となるのは、2020年から。

更に従来は所得の大小を問わずに基礎控除が適用されていたのですが
2020年からは年収2400万~2450万では控除額が32万円
2450万~2500万では16万円に減額となります。
2400万円という半端な基準が謎ですね。

これだけだと税収が減るので、何と給与所得控除が減額となります。
従来は、低所得層だと最低でも65万円~年収1000万円以上で220万円の控除でしたが
改正後は、低所得層で55万円~年収800万円以上で190万円の控除となります。

  • 年収162.5万以下の低所得層は基礎控除が10万増えて
    65万から55万へと給与所得控除が10万減ってるので、差し引きゼロです。
  • 年収800万円だと、基礎控除が10万増えますが、
    200万だった給与所得控除が190万になり、10万減るので、差し引きゼロ

800万~2400万までの人だと190万が頭打ちになるので、
最大で220万だったのが190万へと30万減額となり、
差し引きは20万円の増税となります。

800万円以上の所得がある人は全体の20%ほど。
平成28年 国民生活基礎調査の概況では18.6%が年収800万円以上
この上位20%弱の層では増税で、この層への増税が本旨なんでしょうね。
これ以下の層では、基礎控除と給与所得控除の変更は、実質的にはほぼ変化無しです。







-経済やビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

日本の政府は国債を国民の財産でチャラにするつもり

日本の国債や借入金などは1000兆円もの額に登るそうです。 1秒で132万円増えるという予測値ですが、 財政赤字カウンターでは1400兆円になってます。 リアルタイム財政赤字カウンター 15 ただし国 …

no image

580億円を盗まれたコインチェックの問題は何か

580億円分の仮想通貨を盗まれたコインチェックの問題のまとめ。 取引所がハッキングされて、勝手に顧客の仮想通貨をどこかへ送金されたそうです。 その原因は「マルチシグ」(複数署名)と呼ばれる技術を採用し …

no image

裁量労働制とは何か

裁量労働制とは、実際の労働時間に関わらず 予め決めた一定時間働いたとみなす労働形態のこと。 適用業務は「専門業務型」と「企画業務型」があります。 専門業務とは、研究者やデザイナーなどが当てはまります。 …

no image

たぶんアベノミクスは失敗する

アベノミクスが成功してるか何てまだわかる段階じゃない。 それなのに失敗だと囃し立てる人がいますが、 それは安倍政権を何が何でも否定したいから言ってるだけ。 それらの人とは違う理由で、私も実は失敗だろう …

no image

領収書がない納税者から『おたくのトップは認められてるのに』と言われた

今年の確定申告で税務署職員が辛いって話。 結局は口先で謝罪して、誰も罰せられずなし崩しでしょ。 矢面に立つ末端の職員が割を食うだけ。 会計ソフトでマジメに仕訳するのがバカバカしくなるね……。 来月に確 …

最近の投稿