在宅ワークのつもりが数十万円の高額請求

在宅ワークだと思って申し込んだら、
ウェブサイト作成に50万円とか請求される詐欺が横行しているそうです。

キャッチコピー作成で インスタ投稿で 「簡単に稼げる」在宅ワーク、副業の“落とし穴”

  • 消費者庁が名指ししたのは「ソーシャルネット」「スマートプラン」。
  • 初めは簡単に稼げるとアピール。
  • 「研修」と称して日当1000円でその気にさせる。
  • 本採用後にウェブサイト作成に50万円を請求。
  • アクセス過多によるウェブサイト改良と称して500万円の追加請求されたケースも。
  • 仕事開始当初は日当数千円を支払うものの、すぐに支払いは途絶える。
  • 「アイデア」という会社は「カシャカシャブック」と呼ばれる情報商材を2万円で販売。
  • カシャカシャブックはインスタグラムに写真を投稿すると稼げると主張していた。
  • カシャカシャブックで月収200万円以上稼いでいる人ってのは虚偽だった。
  • 最近は普通のインスタグラムユーザーのふりをして、優雅な生活をアピールして、連絡してきた人に情報商材を勧めるケースもある。

虚偽の収益をアピールする情報商材なんて、懐かしい。
10年前に流行してたと記憶してますが、また出回ってんですね。

ウェブサイト製作なんて、そもそもそんな大金要らないですね。
今では検索からの評価は下がってるけど、別に無料ブログでも構わないし。
無知につけ込んでますね。

そもそも簡単に稼げる手法は誰もが真似でき、
それゆれ短期に陳腐化するので、
例え虚偽でなく本当に稼げる方法だったとしても、
その収益が長期的に続く訳がないんです。
でも、あたかも長期的に維持できるかのように宣伝してます。
また、素早く行動しないと稼げないとも主張してます。
それは短期に陳腐化するからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。