50年前に順天堂医院で赤ちゃん取り違えが起きていた

50年ほど前に順天堂医院で出産した赤ちゃんの取り違えが発生したいたようです。
今では50歳くらいですね。

順天堂医院での新生児取り違え事案についてのお知らせ

  • 最近になって親子関係を疑うDNA検査が行われ、取り違えが発覚。
  • 当時は、新生児を沐浴室に連れてって足裏に名前を各方式だった。
  • 取り違えがあるなら、沐浴室で名前を書き間違えたケース。
  • しかし、カルテでは取り違えを疑わせる記録はなかった。
  • 取り違えの相手への配慮から、専門家に相談の上、50年以上経過して公表する予定だった。
  • 週刊誌に暴露され、公表に踏み切った。

50歳で親子関係を疑うのは、遺産相続絡みですかね。
内密に処理しようとしたのなら、相応の口止め料を払っただろうし、
まさか医院内部に裏切り者がいるんですかね。


赤ちゃん取り違えの母は40年以上前にも疑って順天堂医院を訪れたそうです。
じゃあ上記の遺産云々は違いますね。

「赤ちゃん取り違え」問題、母親「真実を教えてほしい」

40年以上前に病院を訪れて取り違えを訴えても「浮気したんでしょ」と門前払いだったらしいです。
順天堂医院側は「うちは間違えはない」と言ってたんだそうで……。
でもDNA検査をしたら間違ってたと。

取り違えられた母は今までずっと「似てない」とか「あなたの子なの」と言われ、精神的苦痛を受けていたとのこと。

こういうのって、50年も前の事でも告訴できないんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。