15歳の少女がバイト中に13mの高所の太陽光パネルを点検して墜落死

15歳の少女がバイトとして13メートルの高所の太陽光パネルを点検中に墜落死したそうです。

バイト中に15歳少女が転落死 太陽光パネル点検作業(2017/12/15 18:08)

茨城県古河市の工場で14日午前、秋山祐佳里さんが屋根に取り付けられた太陽光パネルの点検などをしていたところ、天窓のガラスが割れて13メートル下のコンクリート製の床に転落し、死亡しました。秋山さんは当日、太陽光パネルの保守点検会社のアルバイトとして作業にあたっていました。

これって明白に労働基準法違反。

第8条(年少者の就業制限の業務の範囲)
法第62条第1項の命令で定める危険な業務及び同条第2項の規定により
満18歳に満たない者を就かせてはならない業務は、次のものである。

24.高さが5メートル以上の場所で、墜落により労働者が危害を受けるおそれのあるところにおける業務

労働基準法 年少者労働基準規則より。

恐らく天窓に気付かなかったんでしょうけどねえ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください