NASAが世界最大の金属3Dプリンターを開発

NASAがロケットエンジンに革命を起こすべく、
世界最大の金属3Dプリンターを開発したそうです。

Relativity Space aims to 3D print entire launch vehicles

NASAは金属3Dプリンターで従来よりもコストが安くなると考えているようです。
それは金型を使う必要がないから。
また人間の手作業が関与する部分を減らせるから。
NASAが世界最大の金属3Dプリンターを開発
また軽量化も目論んでいるようです。
それは構造の単純化で部品点数を減らせるから。
例えばヘリウムボトルを自然に加圧できる構造にすれば、加圧の為の装置を無くせます。

将来的にはこの技術の民間への応用も視野に入れているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください