TASロックのマスターキーの合鍵を3Dプリントしたら本当に鍵が開いた

TASロックとは、スーツケースなどに使われている鍵のこと。
TASロックは、アメリカ合衆国国土安全保障省が認定を与えている鍵だそうです。
この鍵のマスターキーの写真がワシントンポストに掲載され、写真を見た人が3Dプリンタで合鍵を作ったところ、本当に鍵が開いたとのこと。

空港職員が使うTSAロックのマスターキーの写真から3Dプリンターで合鍵を出力して本当に解錠できることが発覚

それを報告するツイッターの呟きがあります。

複製したTASロックのマスターキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください