3Dプリンタで角膜をバイオプリント

イギリスのニューカッスル大学の研究で3Dプリンタで角膜を作る事に成功。

3D bioprinting of a corneal stroma equivalent.

First 3D-printed human corneas

健康な人から採取した角膜の幹細胞とアルギン酸とコラーゲンを混ぜた「バイオインク」を作り、
バイオインクを3Dプリンタにセットして角膜を形成。
コラーゲンを基剤にすることで適度な柔軟性と硬さを確保できるとのこと。

3Dプリンタを使うと10分で角膜を作れるそうです。

3Dプリンタを使えば患者の眼球をスキャンして、
患者個人の眼球の形状に合わせて角膜の形状も変えられるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください