フランスで世界初の3Dプリント公営住宅が建造

フランスでは公営住宅を3Dプリントで設営し、2018年6月には初入居が行われるとのこと。
フランスで世界初の3Dプリント公営住宅
フランスで「世界初」の3Dプリンター製公営住宅、6月に初入居

フランスの3Dプリント公営住宅 ポリマーを重ねている
素材は100年も特性を維持できる絶縁性のポリマーで、
空洞の内部にコンクリートを埋める方式で壁を作ったそうです。
フランスの3Dプリント公営住宅 ポリマーの壁にコンクリートを充填
となると、鉄筋コンクリのような耐震性はないですね。
地震が起きないフランスだからこの方式で作れるんでしょう。
コンクリート自体の耐久性は不明。

建造はナント大学の研究者が作った「BatiPrint3D」というロボット。
住宅をすぐに建てられ、ロボットへのプログラムで自在な形にもできるようです。
建造期間は18日間。
フランスの3Dプリント公営住宅 Y字型の模型
Y字型の住居で、5部屋あり、面積は95㎡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください